他社サーバー移行の際のWordPressのsqlインポートエラー「Unknown collation: ‘utf8mb4_unicode_520_ci’」エラーの対処法

サーバー移行に良く起るエラー「phpmyadminのバージョン互換性について」

プログラミング業務において、必ず互換性があります。
使用しているレンタルサーバーも違えば、サーバーの環境などが当然違います。

サイトを完成させたけれど、本番環境へ移行する際、クライアントサーバーでは移行できないことや、使用している環境では動かないこともしばしば。

一番プログラミングで大変かつ腹が立つ作業は、デバック(エラー処理)です。
当然、人が作るわけですから、エラーの原因もバラバラで対処もバラバラです。

その中でも、あるある良くあるエラーについてご紹介しています。

sqlのエラー文を自力で解決する

あるあるエラーで良くあるのが、文字コードによるエラー。
テスト環境から本番環境へ移行の際に、良くあるエラーを紹介します。

企業サイトのリニューアルなどしていると、自分のテスト環境とクライアントのサーバーが違うことが良くあります。

良くあるサーバ移行時のsqlエラーの一つとして、「Unknown collation: ‘utf8mb4_unicode_520_ci’」というメッセージ内容のエラーが起こることがあります。

このエラーの内容と原因

なぜこのエラーが起きるのかというと、これは仮想サーバーのデータベースのバージョンが低い場合に出る事があります。

Unknown collation」とは、不明な照合・・その物がないと言っています。

もう少し噛み砕くと、「utf8mb4_unicode_520_ci」という collation は「 MySQL5.6以上」 でしか使えない仕様になっています。

sqlのエラーを解決する方法

プログラミングにおいて、必ずバックアップをとる習慣をつけましょう。
安易に変更などすると、壊れて修復できなくなります。
なので、先にローカルに保管をしてから行ってください。

splからインポートしたデーターをatomなどのエディタで開き以下を書き換えてください。

①Ctrl+Fで「utf8mb4_unicode_520_ci」を探し、「utf8_general_ci」に一括置換します。

②Ctrl+Fで「utf8mb4」と書かれた部分を探し、全て「utf8」に置き換える。

phpmyadminにログインして、書き直したsqlをインポートすると正常に入ります。

有料カウンセリング

一緒にプログラミングを勉強したい生徒さんをお待ちしております。

受講生の皆さまが幸せなれるよう安心して勉強に取り組めるよう料金を設定しています。
一人でも多くの方に、プログラミングで成功体験していただきたいと思っています。

勉強したいけど、費用が難しいという方はお気軽にご相談ください。

 

カウンセリング(体験含む) 3,000円(税込)
主張費 別途
チラシからのお申し込み カウンセリング+交通費は無料になります

 

※障がいをお持ちの方、発達障害をお持ちの方またはそのご家族の方、ご家族の介護中の方、生活保護を受給している方や非課税世帯の方は、カウンセリング料が半額となります。

※は入力必須です。

お申し込み内容
お住まい(都道府県)
お名前
チラシ番号
返信用メールアドレス
参考までにお答えください。
個人情報の取り扱いについて
お問い合わせ内容