年々、右肩上がりに増え続ける高齢化などを背景に、日本の国民医療費は毎年1兆円を超えると社会問題になっています。このままでは近い将来、日本の健康長寿を支えてきた「国民保険制度」も破綻しかねない状態に陥ります。

平均寿命が長くなり、生活習慣病などが問題になってきた現代において、日々をいかに健康に生きるかが問われはじめています。そこで注目されているのが「セルフメディケーション」です。セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機関(WHO)は定義しています。

今、私たち一人ひとりの健康に対する意識改革が求められてきています。

身体の不調を自分で手当するために必要なのが、免疫力を高めると言われている「温活」です。「温活」とは、簡単に言うと「体温を上げる活動」のことです。
「体温が1度下がると免疫力は30%低くなる」と、免疫学者である安保徹先生をはじめ、様々な医師や専門家達が口にします。

平熱36℃以下のことを「低体温」と言い、現代人のほとんどの人が、この低体温に該当しています。低体温の原因には、様々な生活環境にあります。

現在では、大人だけではなく子供までもが、低体温に陥っています。
自閉症や発達障害を持つ子供など、体温調整がうまくできない子が増えています。

人々の健康寿命の延伸を目標に、これらの問題を解決するため「体温を上げる」ことがいかに大切であるということを伝えていけたらと思っています。

【温活推進事業!】
・セラピスト資格情報サイトRiraSera!事業
・健康体温36.5度以上を目指す温活事業
>>賛同・協賛企業様をお待ちしています。